黄瀬川(本宿地先)の危険個所調査

8月9日、沼津河川国道事務所の大儀所長ほかが水害発生の危険性が大きい本宿地先の現場を調査しました。

※gifイメージはサムネイル化できません

これは、黄瀬川上流で大雨が降ると度々本宿地先(寿橋下流)が危険氾濫水位を超え、避難勧告が出されることから、本宿区から長泉町を通じ国交省に毎年のように対策要望が出されています。私も、地元本宿区の要請を受けて同事務所や本県出身の国交省大臣政務官等を尋ね、改善の要望を行ってきました。また、地元(第6総支部)選出の衆議院議員わたなべ周防衛副大臣にも強く要請し、東京事務所から国交省へ働きかけを行ってきました。

※gifイメージはサムネイル化できません

その結果、国交省沼津河川国道事務所の大儀所長から現場を見たいとの連絡があり、長泉町とわたなべ周代議士事務所を含めた現地調査会を実施しました。
ただし、大儀所長からは「危険個所は黄瀬川のみではない、狩野川全域で整備を求める要望が数多く、予算確保が出来ない」との答えでした。まさに私が整備の必要性を言い続けているため、うるさいからガス抜きのために調査会を実施したともとれる対応で残念でした。

カテゴリ:地元