遠藤長泉町長が森山副知事へ要望

7月24日、長泉町の遠藤町長が森山副知事へ内陸フロンティア総合特区指定された区域の給排水に関し県支援を要望され、私も同席しました。
内陸フロンティア構想の先導的モデル地区として国指定された総合特区の一部として、新東名長泉・沼津ICアクセス道路周辺の土地利用に関し、長泉町が先行していることから、町施工の給排水事業に対し県の補助を要望されました。
森山副知事からは同町の取り組みに敬意を表しながら、「景観や自然保全を取り込んだ広域的な土地利用計画を明確とすべき」と同地区の将来性からビジョンを具体化すべきと指摘され、県の支援策について配慮すると答えられました。

カテゴリ:その他