東駿河湾環状道路が開通

2月11日、東駿河湾環状道路の三島塚原ICと函南塚本ICの間が供用開始し開通式が開催されました。

※gifイメージはサムネイル化できません

この道路は伊豆縦貫自動車道の一部となるものでもあり、伊豆地域の振興と静岡県東部地域の活性化に大きく貢献するものです。
本道路は昭和48年度に調査を開始し、昭和62年10月に都市計画決定、平成2年度に事業化され、平成16年4月から本格工事着手されましたがオオタカの営巣地があったり、大場から函南塚本間が軟弱地盤でかつ、被圧地下水が高く通常工法では橋梁の基礎杭を施工できないことから、最新土木技術の回転圧入鋼管杭を採用して克服しました。また、この間は住宅地でもあることから騒音を低減させるためにノージョイント化した日本一長い連続高架橋となっています。

※gifイメージはサムネイル化できません

開通式には、渡辺周衆議院議員、細野豪志衆議院議員等の地元国会議員をはじめ川勝平太県知事や近隣市町の首長、東部地域の県議・市議町議など多数の来賓が参列しました。また、地元県立三島南高等学校の吹奏楽部による演奏や地元太鼓保存団体の太鼓演奏とともに近隣市町のユルキャラが場を盛り上げていただき、テープカットとくす玉割が盛大にできました。

※gifイメージはサムネイル化できません

川勝知事も河津桜の開花前に前倒ししての開通が実現できたと、関係者のご尽力を大きく評価するとともに、式典会場では地域の皆さんと親しくふれあいを楽しんでいました。

カテゴリ:その他