太陽光発電(182kw)導入計画

我が国の電力は、原発が停止しているため、9割を火力発電で賄っています。石炭・重油・液化天然ガス等の化石燃料を使い、フル稼働しているため、電力業界からの温室効果ガス(二酸化炭素)の発生は非常に増大しています。

静岡県は、エネルギーの多様化と環境問題等を考慮し、地域分散型エネルギー体系を進めるとしていますが進捗率は低い状況にあります。

我が家では8.5kwの太陽光発電施設が稼働し、オール電化としてガス等のエネルギーを使用していません。

そこで、更なる地域分散型エネルギー体系への社会貢献を進めるために、182Kwの太陽光発電設備を設置することとしました。

 

設備計画

・設置場所:賃貸している倉庫の屋根(東西面)

・設備容量:182kw(パナソニックHIT238.1×764枚)

・年間予想発電量:186,433kwh

・予想発電効率:11.7%

 

まずは老朽化している倉庫のスレート屋根をハゼ付き鉄板屋根に改修しました。以後随時報告します。

P1220001P1240043P1230019

 

 

カテゴリ:その他