伊豆文学フェスティバル(第18回伊豆文学表彰式)に出席しました

伊豆文学フェスティバル(第18回伊豆文学表彰式)がプラサヴェルデにて開催されました。

伊豆文学賞表彰式では、主催者として南波副知事があいさつし、全国から439件の応募があった中から、小説・随筆・紀行文部門として最優秀賞1編(まつりのあと 鈴木清美さん)・優秀賞1編・佳作2編と、メッセージ部門として最優秀賞1編・優秀賞5編が選ばれた。審査員となっている作家の村松友視氏、嵐山光三郎氏、太田治子氏、等による座談会も開催されました。伊豆を中心とした県東部は文学が盛んな地域です、この風土を継承したいものです。

IMG_1608

カテゴリ:地元