中電より点検データー改ざん対策の説明

 4月10日(火)中部電力の担当者が私の事務所に見えて、発電設備の点検データーの改ざんに係る調査結果と再発防止策について説明がありました。
 他の原発でデーター改ざんや報告義務違反があり、これを受けて中電が社内で実施した調査結果であり、中電の浜岡原発でも建設以降14件の不適切な事案が確認されました。内容的には大きなトラブルに繋がるものは無いものの最も安全性を重視しなければならない原発を抱える電力会社の社内体制に疑問を感じます。
 再発防止対策として
?コンプライアンスへの個人意識の向上
?社内コミュニケーションの改善
?不適切な事態を発生させない仕組みづくり
としていますが、具体性に欠けます。社内の人事体制まで踏込んだ具体的な管理システムが必要と指摘しました。

カテゴリ:その他