富士山自然林復元へ植樹に参加

※gifイメージはサムネイル化できません

4月29日(日)勤労協等の主催による富士山自然林復元大作戦の植樹イベントが実施され、柿田川を抱える清水町を中心に長泉町や沼津市、三島市から約500名の参加者が集まりブナやヒメシャラなど500本余りの苗木を植樹しました。
今日は、全くの快晴で雲一つ無い青空と目の前に覆いかぶさるような富士山が印象的でした。係員の指導で参加グループに別れ、予めマーキングされた場所に穴を掘り、5年生ぐらいの苗木を植え付け、添え木をしました。

※gifイメージはサムネイル化できません

この地域は平成8年の台風で樹木が倒れた地域で、地下水の恵みを求めて広葉樹の植栽を約10年間続けてきました。植樹された地域は広範囲となりましたが、鹿の食害により多くの苗木が枯れています。自然の復元を人為的に進めることの難しさを感じました。
そのためにも、自然のバランスを崩さない工夫が必要です。

カテゴリ:地元