県政課題の勉強会を開催

6月12日(火)連合推薦の長泉町議(青島、植松)と児童生徒への給食に関する食物アレルギー対策について県内の実態調査結果に基づき勉強会を開催しました。
全国の公立小中高校を対象に文科省が実施した「アレルギー疾患に関する調査研究」では、約33万人(2.6%)の児童生徒が対象となっている情報を提供しました。
静岡県と全国平均の比較では以下のとおりです(( )内は全国平均値)
(除去食対応)
小学校:62.1%(57.7%)
中学校:52.3%(37.5%)
(代替食・特別食対応)
小学校:16.6%(20.6%)
中学校:8.8%(13.3%)
完全対応には人件費や設備の改造等でコストが10倍以上となる可能性がありますが、死に至る可能性のある食物アレルギー対策を確実に進める必要があります。

カテゴリ:その他