裾野・長泉警察署の新設促進へ陳情

 6月29日(金)大橋裾野市長と遠藤長泉町長等が県警本部長を訪ね、確定した裾野・長泉警察署の新設促進への陳情に原県議と共に対応しました。
 静岡県下の警察署新設は裾野・長泉、袋井、浜松西が県警の長年の悲願として確定し、それぞれ設置場所の選定等準備に入っています。
 裾野・長泉警察署は長泉町に近い裾野市地先に設置することで裾野市・長泉町・沼津警察が合意し、裾野市で候補地を選定していましたが、?警戒区域内の要所であるか、?交通アクセス(道路要件)が良いか、?用地取得が容易であるか、?自然災害の課題は無いか、等の要件を満たさず、県警側で難色を示していました。
 用地選定を早期に確定しないと建設順位が後になり、当地域への治安対策にも影響が出てきます。私は、裾野市側に県議課の動きや県内の情報を原県議と共に提供し、早期用地確定の必要性を提言してきましたが、やっとここで裾野市が諸課題をすべて対応するので裾野市南部の候補地に確定してほしいと大橋市長から具体的な要望が行われました。

カテゴリ:地元