国道136号線通行止めで西伊豆が大打撃

7月25日(水)西伊豆関係者から連絡が入り、7月23日から136号線の地すべりによる全面通行止めは、夏休みの観光客がキャンセルやUターンで「西伊豆地区が大打撃となっている、迂回路の広告などPRを徹底してほしい」と切実な要望でした。
早速、県土木へ連絡し、電光掲示の見直しや地図の配布など迂回路のPRなどを徹底するように要請しました。
電光掲示の「国道136号線全面通行止め」という表示は、西伊豆に全く入れない様なイメージを与え、Uターン客が多数ありました。

カテゴリ:地元