企画空港常任委員会の視察研修に参加

 7月30日(月)〜31日(火)企画空港常任委員会の県内視察研修が実施され、参加しました。
 7月30日には三島駅に集合し、富士スピードウエイ・静岡県富士山こどもの国、富士山静岡空港建設地を視察し、掛川グランドホテルに宿泊しました。翌31日には、大井川鉄道、天竜浜名湖鉄道、東洋ろ機製造株式会社を視察し、浜松駅で解散しました。

※gifイメージはサムネイル化できません

 富士スピードウエイでは2007年9月28日〜30日の間、F1世界選手権グランプリレースが開催される。これは世界174カ国でテレビ放映される世界的なスポーツイベントで3日間で延べ28万人が集まるビックイベントであり、静岡県にも32億円の経済効果が見込まれます。大会期間中のシャトルバスは、延べ3,000台が新松田駅、大雄山駅、駿河小山駅、御殿場駅、三島駅、新富士駅、富士急ハイランド駅から運行される。富士スピードウエイは2005年に?F1の出来るモータースポーツ、?交通安全、?世界への情報発信をテーマとしてトヨタ自動車が93.4%を出資しリニューアルしました。視察日は小雨であったため、バスでレーシングコースを廻ることが出来、貴重な体験をしました。

※gifイメージはサムネイル化できません

 大井川鉄道は昭和51年よりSL列車の営業運転を開始し、現在6両を保有している。沿線自治体や観光施設との連携を強化するとともに、自治体やフィルムコミッションによるロケ誘致に積極的に対応し営業成績を上げています。またエコツーリズムやグリーンツーリズムの推進にも力を入れ、大鉄ブランドの確立を目指しています。

カテゴリ:視察