イースト21の定例会で同級生と再会

 9月21日参加している異業種交流会(静岡イースト21の会)の定例会があり、高校時代の同級生であったアマギ道熱工業?社長の原幸宏氏と再開しました。
 
 アマギ道熱工業?は、天城抗火石(軽石)の採掘権を持ち、この軽石を素材とした耐火煉瓦を売り物とした焼却炉メーカーであり、中規模の焼却炉としては多くの販売実績を持っています。私も、特種製紙の環境部門で業務をしていたときに、何回か設備見学や新設計画でお世話にあったことがあります。現在、アマギ道熱工業?は、社会的な環境対応の変化から焼却炉の需要が少なくなったことにより、焼却炉事業を撤退し水処理を中心とした事業を展開しています。特に天城抗火石をろ過材とした蛍養殖施設が全国展開となり、自然環境対策の中で蛍ブームが後押しとなっているとのことです。
長泉町や清水町の中でも蛍のふるさとづくりを行いたいとの希望が多くあり、推進団体の応援が出来るものと期待します。

カテゴリ:地元