県議会一般質問(1日目)

9月28日9月定例会では一般質問に入り、宮沢正美氏(三島市)、四本康久氏(富士宮市・富士郡)、中沢公彦氏(浜松市東区)、?田好浩氏(静岡市葵区)、大石哲司氏(牧之原市・榛原郡南部)が富士山の世界遺産に向けた取組みや災害に強い県土づくりについて質しました。
宮沢正美氏(自民党)
1、魅力ある東部地域の実現に向けた取組みについて
2、企業誘致支援策について
3、高齢者福祉について
4、農業政策について
  (1)担い手の育成
  (2)農村の活性化
5、観光立県への取組みについて
  (1)伊豆地域の観光施策
  (2)商・工・農業との連携
6、災害に強い県土づくりについて
  (1)狩野側流域の河川整備
  (2)国道136号線地すべり災害の本格復旧
7、教育再生への取組みについて
  (1)ゆとり教育の見直し
  (2)魅力ある学校づくり
四本康久氏(平成21)
1、障害者福祉施策について
  (1)就労継続支援A型施設の普及
  (2)グループホームの普及
  (3)障害のある方への余暇支援
  (4)特別支援学校高等部における専門教育の充実
  (5)特別支援学校の大規模化解消
2、東海地震対策
  (1)住宅の耐震補強のための新たな工法の普及
  (2)事業継続計画策定の促進
3、ファルマバレープロジェクトの推進について
4、富士山の世界文化資産登録に向けた今後の取組みについて
中沢公彦氏(自民党)
1、多文化共生の地域づくりの推進について
  (1)地域社会における多文化共生
  (2)外国人の子供たちへの教育
  (3)多文化共生に係る県の国要望
2、浜名湖ガーデンパークのかつようについて 
  (1)管理運営
  (2)浜名湖フラワーフェスタの今後の方向性
3、安間川の河川整備について
4、浜松市立高等養護学校に対する支援について
?田好浩氏(公明党)
1、がん対策の推進について
2、障害のある方への地域移行支援について
3、中山間地域が抱える課題解消について
  (1)鳥獣被害対策の今後の取組みについて
  (2)エコファーマーの育成
  (3)一社一村しずおか運動の取組み
4、防災のセフティーネットについて
  (1)命を守るための身近な防災対策の推進
  (2)小中高校生への防災意識の啓発
5、教育行政について
  (1)いじめ等に対応する相談員の小学校への配置
  (2)社会人として必要な資質を学ぶ教育の推進
大石哲司氏(自民党)
1、富士山静岡空港の開港に向けての課題について
  (1)就航支援事業
  (2)ターミナルビル
  (3)旅客サービスの向上
  (4)駐機場
  (5)駐車場の整備
  (6)隣接地域振興事業に対する助成の今後の方針
2、牧之原総合開発株式会社に関する県の見解について
3、教育行政について
  (1)学校と学習塾の関係
  (2)教員の資質向上策

カテゴリ:県議会