平成19年度の土木事業費調査

12月18日(火)沼津土木事務所にて長泉町と清水町の平成19年度実施された土木関係の事業内容を調査しました。
道路関係の総事業費は40億9,000万円で、台風による災害復旧を含めた河川関係事業費は2億4,500万円です。
県は行財政改革の中で土木予算を大きく削減しています。生活道路整備や災害対策としての河川整備等は地方にとって重要な課題です。各市町は広域的な見地に立って、将来を見据えた都市計画を進めるべきです。

カテゴリ:地元