桃沢川の災害予防へ現地調査

※gifイメージはサムネイル化できません 6月27日桃沢川の自然災害防止に向け、沼津土木事務所、長泉役場、そして流域5区の区長ほか役員が集合し護岸の損傷状態や河川敷内への葦や雑木の繁殖状態、そして周辺山林の荒廃状態を調査しました。
 一部の護岸損傷ヶ所は年内にも改修することなりましたが、葦や雑木の伐採除去は災害の直接的原因とならないことから公的事業では難しいようです。
 NPOやボランティア活動への補助事業を活用し、住民参加の協働作業をいかすことと、周辺山林に関しては森づくり新税の里山保全事業が対象となるようです。

カテゴリ:その他