企画空港委員会県内視察

※gifイメージはサムネイル化できません

1月16日企画空港委員会の県内視察が実施され、三島市の自主運営バスと伊東市および市内観光業者によるインバウンドの取組みについて調査しました。
三島市はバス会社運行路線以外の市民要望の強い箇所を自主運営バスとして市民団体等で作る協議会が中心となりルートや価格を決め導入しました。そのため、他の地域に比べ利用率も高く注目を集めています。
また、伊東市のサンハトヤはインバウンドへの取組体制を作り、旅行会社とのタイアップで台湾を中心とした受け入れ態勢を構築し最近では毎年1万人の台湾観光客を受け入れているとのこと。また、富士山静岡空港の開設は歓迎するが具体的な試算はこれからとクールであった。

カテゴリ:県議会