県議会2月定例会一般質問(最終日)

県議会定例会一般質問4日目は4名が登壇しました。質問者は自民党込山正秀氏、自民党の大場勝男氏、平成21の佐野愛子氏、自民党の佐原徹朗氏です。
質問者  込山 正秀
1 県全体の行政の生産性向上について
2 富士山の保全について
(1)富士山憲章制定10周年
(2)富士山世界文化遺産登録の推進
3 富士山を生かした観光振興について
4 富士山登山口の適正利用について
5 富士山防災対策について
6 ファルマバレープロジェクトの今後の対応について
7 県立静岡がんセンターの運営について
8 県産米の産地育成に向けた本県の取り組みについて
質問者 大場 勝男
1 公文書館について
2 外郭団体の改革について
3 核燃料税について
4 男女共同参画社会の実現に向けたワーク・ライフ・バランスの推進について
5 農業振興について
6 地域医療の確保について
7 教育行政について
(1)確かな学力の育成
(2)工業教育の拡充
質問者 佐野 愛子
1 地域の特性を生かしたまちの活性化について
2 地域における男女共同参画の推進について
3 小規模農業への支援策について
4 安心して子供を産むことができる体制づくりについて
(1)産む場所の確保
(2)妊婦健診の受診促進
5 一人一人を大切にする教育の実現について
(1)少人数学級の実現と学級編制の弾力化
(2)志太榛原地域への特別支援学校の新設
6 自転車の安全対策について
(1)安全指導の徹底
(2)自転車走行環境の整備
質問者 佐原 徹朗
 1 県際地域の広域連携による地域振興策について
2 西部地域の発展に向けた浜名湖周辺地域の活性化策について
3 合併進展後の県と市町村の役割分担について
4 県民に愛される富士山静岡空港について
5 防犯まちづくりへの取り組みについて
6 遊休農地の解消策について

カテゴリ:県議会