県工業技術研究所へプラスティック油化の調査

3月12日県工業技術研究所の松本豊主幹と面会し、長泉町竹原の?キムテックが開発しているプラスティック油化装置について実証化の可能性について懇談しました。
松本主幹はキムテックのテスト機がバッチ式であり、3種類のプラスチックしかテストしていないため、技術面での調査が必要だが入手したデーターからは可能性が大きい。との評価をいただきました。
廃プラスチックから燃料油を回収できれば循環型社会を目指す環境対策として期待できます。
しずおか産業創造機構の研究開発助成事業等の対象とするよう検討します。

カテゴリ:その他