地球温暖化防止対策特別委員会で視察

※gifイメージはサムネイル化できません

3月24日活動報告書作成に向けた勉強会として第5回目の委員会を開催しました。午前中は「BDFの原料回収から精製までの視察」として、スーパーマーケットの惣菜部門から出る廃食油の回収状態とBDFに精製加工している静岡油化工業株式会社を視察しました。
当事業所は全国の市町や食品会社等から廃食油を回収し、バイオディーゼル燃料(BDF)に精製し県や市町

※gifイメージはサムネイル化できません

に供給している。このたび静岡市が取組む「まほろば事業」で、さらに設備を増設し倍の生産能力となります。
また、国の補助事業を受託し「おから」を原料とするバイオマスエタノール製造にも取組み、1バッチ(5日間)で100Lの実証施設が稼動しています。
午後は県庁に戻り、。今年度当委員会で取組んできた調査事項から提言書をまとめるための協議を行いました。
提言事項
1、静岡県地球温暖化防止条例に基づく温室効果ガス排出削減計画書等の公表内容の充実
◎ランク付けによる評価
2、中小企業の温室効果ガス排出削減対策の推進
◎支援制度の充実
◎エコアクション21取得の一層の推進
3、自動車通勤者及び自動車燃料に対する対策の推進
◎自動車通勤者削減に向けたエコマネー「グリーン通勤証書」の導入
◎廃食油回収システムの構築支援
4、太陽エネルギー利用拡大の推進
◎太陽光、太陽熱利用拡大に向けた補助制度等の創設
5、新技術開発の推進
◎県の試験研究機関による開発、民間企業への支援、普及
6、地球温暖化に対する危機意識の向上
◎環境危機の積極的な啓発による地球温暖化防止対策の促進
◎地球温暖化防止活動推進センターや環境コーディネーターへの支援

カテゴリ:県議会