沼津警察署長および県警本部交通規制課警部と会談

5月8日には沼津警察署長と面会し、裾野警察署(仮称)新設計画の進捗状態と地元から要望の多い交通信号の設置について会談しました。
長泉町と裾野市が管轄区域となる裾野警察署(仮称)の新設は県議会で確定し、裾野市内に設置することを両市町で合意され裾野市で選定した複数の候補地から裾野市南部の候補地に絞り込まれています。
県警察も合意の方向で進んでいますが裾野市が用地取得について確実性を担保する必要が生じています。県は用地取得が明確となれば予算化に向け具体的に動き出すこととなります。
長泉町・清水町から交通信号機の増設要望が多く出ていますが、設置できないと苦情が多発していました。
沼津署の見解も伺い、5月9日には県警本部交通規制課警部から状況説明を伺いました。確かに予算的にも要望を満たす状態ではないが、ヒアリングを行い重要個所から設置を進めている。若干の遅れはあるにしても必要個所は設置可能。設置による渋滞などの課題もあるとのことでした。

カテゴリ:地元