下土狩文教線に横断報道信号機の新設が決まる

6月9日、地元より要望が強く設置促進を要請してきた長泉町の下土狩文教線(大イチョウ付近)に横断報道用押しボタン信号機の設置が決定しました。
同地区は下土狩駅と三島駅北口とが一直線で繋がったことから、自動車の通行量が急増し交通安全面での横断歩道用信号機の設置を望まれていたところです。
本日は、あいにくの雨でしたが沼津警察署の交通規制係や長泉町役場、東電、地元役員などの関係者が集まり、現地確認が行われました。

カテゴリ:地元