9月補正予算の説明あり

9月16日県総務部より9月定例会にかける9月補正予算の概要について説明がありました。
県財政を総合判断し、必要とする義務的事業に限って編成し、一般会計1,017百万円と特別会計115百万円(合計1,132百万円)となり、内訳は災害復旧事業費730,000千円、合併漁協関連資金融通円滑化事業費2,000千円、交通安全施設等整備事業費259,000千円、原油等価格高騰対策114,000千円(一般会計26,000千円・特別会計115,000千円)となります。
この中で、交通安全施設等整備事業費(259,000千円)は、長泉町はじめ県内各地区から交通安全を求めて道路信号機等の設置要望が増加しているにもかかわらず、予算枠が少ないことから設置が進まない状況に対し、私から警察本部担当責任者を通じ予算枠増加の必要性を提言してきたことに対し、国庫補助の増額による補正予算化が出来たことを嬉しく思います。

カテゴリ:県議会