県議会定例会の質問事項調整

2月16日、各部局の部付き主幹と質問事項に関するレクチャーを実施しました。
質問項目とその内容について説明し、部局側が内容を確認するためです。
毎回のことですが、各種課題に対し提言し当局の考えを質したいのに「この質問をされても答えられない」とか、「質問の角度を変えてほしい」とか、事前調整をしているうちに当初予定した質問の本質が変えられてしまうことが度々発生します。我々の対応もしっかりすべきです。

カテゴリ:県議会