宮城・岩手へ新エネルギーの視察

3月24日、県議会平成21会派の「グリーンエネルギー政策研究会」による視察調査として3月24日〜26日の間、宮城県と岩手県へ視察調査に出かけました。

※gifイメージはサムネイル化できません

今日は、仙台駅に午後1時半ごろ到着しジャンボタクシーにて名取市の?オイルプラントナトリを視察しました。こちらの事業所は工業用廃油の再生や廃プラ類の収集再資源化などを本業とする産業廃棄物業ですが、最近は社員食堂・スーパー・食品工場・学校給食等からの廃食油を回収してBDFする事業に力を入れ、現在一日7,500Lの生産能力を持つ宮城県最大の事業者となっている。再生したBDFは社内のすべての車や名取市の循環バス、会員制をとった事業者でディーゼル燃料として利用している。
当日は台市内のホテルに宿泊しましたが、翌朝早々からの電話で石川知事の辞職会見が予定されるとの連絡が入り驚きました。

カテゴリ:視察