自民党に造反者続出・県議会

10月7日、県議会9月定例会最終日は本会議を開き、空港部を廃止する組織改編のための条例改正案は、異例の無記名投票によって採決が行われ、賛成多数で原案通り可決された。
自民党は「反対」の党議拘束をかけ総務委員会と本会議での採決に臨んだが、造反議員が相次ぎ、投票された71票のうち、賛成43票、反対27票、無効1票となった。
自民党県連3役は「会派をまとめられなかった責任を取り全員辞任する」と表明した。

カテゴリ:県議会