2回目の県予算ヒアリング

1月21日、県議会平成21会派内で、第2回目の県予算ヒアリングが実施された。次年度に向けた県予算編成に対し各部局で調整が続けられており、現時点での各部局案について説明がなされた。
県の財源が大きく落ち込む中で要求している事業も思うように予算案件に組み込むことができない状態です。しかし、生活基盤の活性化に向けて福祉や医療制度の見直しとともに、社会資本整備も進める必要があります。各部局の説明に対し、必要事項を強く要請しました。

カテゴリ:県議会