伊豆半島における風力発電課題調査

※gifイメージはサムネイル化できません

3月30日、温暖化対策の重点課題として自然エネルギーの活用が求められており、急速に太陽光発電や風力発電の設置が増加していますが、目標を達成するにはほど遠い状態です。
そのような中で大型風力発電施設の建設が進む伊豆半島や御前崎周辺では、騒音問題などの健康被害が問題となっているところがあります。

※gifイメージはサムネイル化できません

そこで、県議会平成21会派では風力発電などの新エネルギーを推進するために問題となる課題調査を実施することとし、東伊豆町担当者から現地説明と住民からの指摘内容等について説明を受けるとともに、東京電力から伊豆半島における風力発電設置の計画や課題について説明を受けました。また、南伊豆町での温泉発電や天城バイオマス実証施設の状況、天城での小水力発電の活用などについても調査しました。

カテゴリ:視察