渡辺周副大臣が黄瀬川を視察

11月27日、長泉町の産業祭に渡辺周副大臣が参加されたことから、課題となっている本宿地先の黄瀬川を視察していただきました。
あらかじめ長泉町の職員から現状説明をしていただき、町の職員とともに大川町議、内田区長が同行して水害との課題となっている本宿地先の黄瀬川の現状を視察していただきました。
黄瀬川の本宿寿橋下流は国交省の管理区域となっており、河川整備計画で堤防を構築する計画となっていますが、一部の間が未設置となっていることから、最近のゲリラ豪雨や台風によりたびたび増水して4.20mの氾濫危険水位を超えることが多発しています。今年も氾濫危険水位を超えることが多く発生し、そのつど避難勧告や警戒態勢が発せられ、実害が発生しなくても区内は役員を中心として大変な思いをしています。

カテゴリ:地元