県議会2月定例会が開会

2月14日、県議会2月定例会が開会した。県は総額1兆1,324億円の平成23年度一般会計予算案など87議案を提出し、会期を3月10日までの25日間とした。
川勝知事は提案理由で雇用対策と経済対策に重点配分したことを強調し「富国有徳の理想郷“ふじのくに”づくりに全身全霊をささげ邁進する」と力強く語った。
また、高田県議が制定を目指してきた消防団員確保を目的とした「消防団協力事業所減税条例案」は、民主等ふじのくに県議団と自民改革会議、公明党県議団の3会派より天野議長あてに提出した。これは議員提出議案として、2月定例会で議決する。

カテゴリ:その他