肉牛の風評被害対策を申し入れ

※gifイメージはサムネイル化できません

7月25日、県内の肉牛市場が稲わらの福島県での放射性物質汚染報道から風評被害により大打撃を受けており、本日、会派「民主党・ふじのくに県議団」を代表して富士宮市の四本康久県議と岩瀬副知事へ申し入れ書を手渡しました。
申し入れ内容は以下の通りです。
?直接の被害農家のみならず風評被害を受けた農家にも損害賠償を国に申しいれること。
?直接被害を受けた農家へ支援を実施すること。
?本県産牛肉の風評被害対策を講じること。

カテゴリ:県議会